併用できる薬について|発毛を期待したいなら、ロゲインがもっともいいでしょう!

発毛を期待したいなら、ロゲインがもっともいいでしょう!

テーブルの上の薬

併用できる薬について

薬と人形

人によっては、ロゲインを継続的に使っているのにまったく効いてこないという場合があります。
なぜそんなことが起こってしまうのか?

もちろんどんな医薬品にもその効き目には個人差があるので仕方ないことだといえます。
しかしロゲインがうまく効かなかった人の場合は、「ジヒドロテストステロン」という悪質な男性ホルモンが人よりも強い傾向にあるわけです。
そもそも薄毛になってしまう大きな原因がこのジヒドロテストステロンになるので、このホルモン次第で結果はたしかに変わります。
じつはロゲインに含まれるミノキシジルという成分は、ジヒドロテストステロンをやっつけたり抑制したりする効果はありません。
ミノキシジルという成分はあくまでも「血管の拡張」をおこなってくれる成分になります。
すなわち、髪の毛に栄養を送らせやすくはできても、抜け毛予防には対応していないわけです。

だからこそ最近では、ジヒドロテストステロンが強い人のために「AGA治療薬の併用」が勧められています。
そしてその際に一番効果的なのが「プロペシア」になります。
ロゲインに含まれているミノキシジルと、プロペシアが持つ作用については同じAGA治療薬でもまったく異なっています。
ミノキシジルは髪の毛を増やす効果がありますが、プロペシアの場合はジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれる効果があります。
つまりこの2つを合わせて飲み続ければ、ロゲイン単体で効かなかった人も次第に理想的な頭髪になっていくわけです。

もしもロゲインだけではダメだったという人は、ぜひ医師と相談しながら試してみてほしいと思います。