発毛を期待したいなら、ロゲインがもっともいいでしょう!

テーブルの上の薬
シートに入っているカプセル

使えない人もいます

初めてならば、必ずロゲインを使う前に覚えておかなければいけないことがあります。あなたが本当に安全にロゲインを使えるのかどうかはすべて今から紹介するタイプに当てはまらないかどうかで決まります。

薬と人形

併用できる薬について

AGA治療薬には併用してもいいものがあります。ロゲインだけでも強力ですが、じつは根本的にAGAを改善するための成分は入ってません。そのためもし効果が出ない人は、今から紹介する薬を併用してみてください。

カプセルと錠剤

これぞ王道の治療薬

昔から主に海外で人気の高い育毛剤に「ロゲイン」というものが存在します。
ロゲインはアメリカにあるファイザー社が製造していて、ロゲインには「ミノキシジル」と呼ばれる成分が配合されています。
現在ロゲインには2%と5%のものが存在していますが、もし肌が弱い場合は低い数字の方(低用量)を使用するようにしましょう。

基本的にロゲインという薬は主に「頭皮に塗るタイプ」になります。
ロゲインに含まれているミノキシジルが髪の毛の発毛によく効いてくれるので、ロゲインは発売後爆発的な大ヒットをしています。

じつはそもそもミノキシジルという成分は発毛のためにあったものではなく、高血圧患者に使うための血圧を下げる薬として使われていました。
当時その際に多くの患者さんから「多毛症」がよく見られるようになり、そこから今度は育毛の治療薬として開発がスタートしました。

ちなみにロゲインというのは「Rogaine」を日本語読みしたときの表記になります。
そして現在、薬の方のロゲインは、日本で大正製薬が健康飲料の商標として登録されています。
そのため、ロゲインの開発元からライセンスを得て、現在では日本においてもミノキシジルの成分が入ったものが売られています。

薄毛に悩まされている人は、一度ロゲインを手に取ってみてはどうでしょうか。
実際にその状態で放置していてもけして治ることはありませんので、ロゲインを使用し早急に治療していくのがベストな選択肢だといえます。

処方薬

効果的に使うために

うまくロゲインを使っていくためには、ちゃんと用法用量を守らなければいけません。今回は初めての人でも絶対に失敗しないように、ちょっとしたアドバイスも含めながら用法用量について説明していきたいと思います。

白い錠剤

コンテンツ一覧

「発毛を期待したいなら、ロゲインがもっともいいでしょう!」のコンテンツ一覧です。」